calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

初夏

ゴールデンウィークが終わりましたー。
そうなるともうすぐ夏です♪。

先月のことですが、かき氷を食べに行きました。
ちょうどお花見時期でしたが、その日は雨もようだったこともあり
谷中はわりと静かでした。

友達と待ち合わせて、11時の開店の数分前にひみつ堂に到着!
今年初めてのひみつ堂。
今年初めてのかき氷!!

この時期は、メニューにグラタンもあります。
たらの芽などの春の野菜グラタンやてりやきチキングラタン。
どれもおいしかったです。ボリュームたっぷり。おいしいパンも
付いています。


 

注文するとき、お店の方が説明してくれました。
パンが付いているんですが、食べ切れなさそうだったら
お包みしますので無理しないでください。

次の氷につなげるために・・・。


なんと、すばらしいです!!
そうです、主役は氷なのです。
氷を、おいしく食べるために、調整し食べてほしい。
そうなのです。わたし、このお店のそういうところ大好き〜。

で、氷も悩みます。季節のフルーツ。
うぐいす桜という、なんとも風流な餡子ものもありましたが
こちらは予約でおわりだったみたいで残念。
で、私はいちごにしました。

夏のいちごとも違います。全くちがいます。
夏のいちごは、ミルクが別の器についてきました。
冬のいちごは写真でもわかるように、ミルクは
あらかじめ氷に丁寧に、ほんとに丁寧に
繊細にかけられており、イチゴのピューレは
半分にかかっているのです。
てっぺんには生のいちご。きれい。うつくしい。
エレガント。



おいしかったです。ああ、またすぐにでも行きたいです。
このあと、谷中墓地に散歩に行きましたら、
植物学者の牧野富太郎先生のお墓を発見!!
友達と
「牧野先生にここでお会いできるなんて、うれしいね」
と、先生にごあいさつしたのでした。

さて、次はどの氷を食べましょうか、悩みます。



秋もひみつ堂

 日暮里のかき氷がおいしいお店【ひみつ堂】
夏の陣は先月終了し、お店の改装も完了して
先週から秋の陣が始まったと知りました。

早速ーーー、Jちゃんと行ってきました。
4時半ごろお店に到着。

おお、入り口に可愛い赤い扉が出来てます。
これで、冬の寒い日も、大丈夫。
すんなり入店できました。ほっ。

メニューは毎回悩むところです。
私はリンゴにしました♪
Jちゃんはヨーグルトみかん♪



りんごはやさしい甘さ。赤い部分はアクセントのいちごです。
見た目もきれいだけど、お味も、このいちごがとっても良い
アクセントになってます。
もったりとしたピューレ。とても普通のかき氷を食べている
感じではありません。豪華なかんじ。

Jちゃんにヨーグルトみかんも一口いただきましたが
おいしいーーー。ヨーグルトと氷って意外ですが
すごくすごーーく合います。
ヨーグルトに工夫があるのでしょう・・。
生みかんのシロップは繊維もしっかり
入っていて、ほんとに美味しかったです。
歓喜のうちに氷を食べ終わり・・・。

新メニューのグラタンを注文。
私はマッシュポテトがのったミートグラタン。
Jちゃんが注文したカボチャのクリームグラタンも
どちらも、アツアツで美味しかったです〜。



夏の混雑ぶりとは全く様子が違う店内。
お店の方の「どうぞ、ゆっくりしてってください〜」
の言葉にすっかり甘えて、おしゃべりしながら
ゆっくりさせていただきました。

せっかく時間があるんだし、もうひとつかき氷。
食べることにしました。繊細な氷を堪能したいので
みぞれにしようかなー。でも、ひみつ堂のミルク
はサラッとしていてほんとに美味しいから、ミルクを
トッピングしてほしいなあー。
なんて、迷っていたら、「氷ミルク」になりました。



コーヒーカップサイズの200円氷もありますが・・?
いえ普通サイズで!!と注文する私にお店の方は
「ぜんぜん、おかしくないですよ(笑)」
とフォローしてくれました。


Jちゃんはキャラメルのコーヒーカップサイズ
を注文。どちらも、美味しい―。
みぞれだけでも十分美味しいと思いました。

店内、林檎の香りが漂います。
気付くとお店の方が林檎の皮を剥いています。
ひとつずつ、丁寧に剥いて切っています。
なかなかいい眺めです。
お鍋でピューレを作るそうです。
時間をかけて手間をかけているから、おいしいものが
できるんですねー。と、Jちゃんと感心しました。

いつも感じますが、このお店は気持ちがいいのです。
丁寧で、おちついていて、ほのぼの。
良いもの生み出すことを楽しんでいる空気・・かな。
ものづくりに共通する大事なことだなって
思いました。

帰る時は、かなりお腹一杯になりました(笑)
お店の方が赤い扉の前まで出できてくださって、
「お気をつけて〜」と。
「はい〜また、近いうちに来ますね〜。」

冬でも氷を食べられると思ったら
本当にうれしいです。


特派員報告

 
つい先日まで猛暑だったのに、あっという間に秋、10月も中旬になってしまいました。
今年はここ数年でかき氷を一番多く食べた年だと思います。
それも、いっしょに食べてくれる友達がたっくさん増えたことも
すごくすごくうれしくて楽しいことでした。

一緒に食べるチャンスが無くても、レポートと送ってくれた写真を
見るのも楽しみです。

伊勢志摩の赤福さんで出している【赤福氷】を以前から食べてみたいと
思っています。
今年、伊勢志摩に移住した友達Yちゃんが食べたよ〜♪と、写真を送ってくれました。






すてきーーー。味の方は、けっこう普通だったよ・・・という感想でしたが
なんとも風情ある写真。Yちゃんはいつも写真がうまいので
感心します。ありがとう!



そして、赤羽に住むMさんが、いち早く教えてくれた
川口のたいやきやさん、「十きち」さんのかき氷です。


天然シロップのいちご。ふんわりやわらか。
すけるように見えるシロップは甘ったるくなく、
いちごのさらりとした味が想像されます。

この情報をいただいて、のちに連れて行っていただいた
わけです。うう、情報ありがとうございます。
ほんとにおいしかったです。



つぎは同じくMさんの報告写真。
十条の有名店「だるまや」さん。
私が行った時は、いちごの天然氷が品切れ
だったので、お目にかかれませんでした。
なるほど、同じ天然シロップといっても
こちらはこんなにゴロゴロいちご。
お店によって違いますね。
おいしそうです。





先月最後の日曜日、心残りのかき氷を食べに行くことにしました。

何年も前から行きたいと思いながら、チャンスが
なかった阿佐ヶ谷の「うさぎや」さん。
いつ思い立ってもいいように、お店の地図をプリントアウト
して持ち歩いていたほどなんです。

私が愛してやまない、サラサラの粉雪タイプの氷
だと、噂にはきいています。

まだ残暑が厳しい日でしたが一応電話で確認すると
無情にも
「今季の氷はおわったんですよ〜」
ガーン。ションボリ。カメラまでスタンバイしたのに。(笑)
しばらくうなだれていました。でも、これは来年の楽しみに。
来年は真っ先に食べに行くことを心に誓いました。

そんな記憶も新しい今日、ジュエリー制作仲間の
ひとりKさんが、なんとこの「うさぎや」さんの常連さん
だとわかりました。
お話を聞くと、やはりうわさどおり、サラサラ、
パウダースノーの氷だそうです。
シロップも自家製。その日の分が無くなれば終了。
そうでなくては、自家製はね♪
宇治が絶品。黒砂糖も最高。と、なんとも身もだえする
情報を教えてくれました。

隠れかき氷好きさんがいらっしゃるのはうれしいことです♪
どうしてもっと早く教えてくれなかったの〜?!
なんて言いながらも・・・。
情報たくさん、ありがとうございます!!
これからもおしえてくださいね。




しもきた茶苑のかき氷

連休後半、すっかり空気は冷えてきました。
しもきた茶苑大山さんのかき氷、今年は27日(火)で終了と発表されました。

前回は八月、お店到着時にはすでに整理券がすべて
配布終了しており、食べることができなかった私たちです。

うう、チャンスはあと数日。終了までに再チャレンジするしかありません。
パフェ師匠にそのことを伝えると、さすがいいノリをなさっている師匠
「明日なら行けますわよ〜〜♪♪♪」とお返事が。わおー。
つっこみ番長もお誘いして、3人で、前回のリベンジを
誓ったのでした。



2時開店時に整理券を配り始めるということなのですが
1時くらいから店頭に人が並び始めるのです。
私たちは1時30分に列の最後に着きました。

どんどん人が増え、列はビルの外まで伸びていきます。
2時まで待っていると大変なことになるということで
1時50分くらいから整理券を配布開始してくれました。


私たちは33,34,35番です。
やっと、やっと手にしました整理券!!
なんだか、いい番号だね〜〜。とにっこり。



3人は小躍り〜。
順番の予定は3時ごろだそうです。
それまでは下北の街を散策して順番を待ちます。
パフェ師匠も番長も地元の方なので楽しいお店や
可愛いお店に案内してもらい、時間があっという間に経ちました。

3時ころ、再びお店にもどると、同じく整理券を持っている人たちが
待っています。




それから30分くらいはひたすら待って・・・
やっと席に通されました〜〜。う・・うれしいーー。

パフェ師匠と番長は宇治あずきにミルクを追加(トッピング)
私はほうじ茶あずきにミルクを追加。を注文。

まわりのお客さんに運ばれてくる氷を見て
どんどん期待が膨らんでいきます。

10分ほど待って宇治あずきが来ました。
パフェ師匠、宇治のにがみに感動されてました。
ほんとにいい色と香りです・・・。
こおりはふんわりです。ふんわりふわふわ。




そして中にはほんとにおいしく炊けたあずきが隠れています。



そうこうしていると私が注文したほうじ茶あずきです。



去年初めて食べて以来、また食べたいと思っていたほうじ茶あずき!!
今年も期待を裏切らない、おいしい氷でした。
丁寧に削られたふんわり氷の下にちょうどいい甘さの
上品なあずき。

ほんのり甘いほうじ茶のシロップは香ばしくて
長い間余韻が口の中で楽しめます。

途中、熱いお茶を注ぎに来てくださったお店の方に
パフェ師匠が
「おいしいです〜〜♪」
と、ほんとにうれしそうにおっしゃってるのが印象的♪素敵♪

ゆったりとした小さなお店【しもきた茶苑大山】さんで、おいしい氷を味わい、
そのあとは秋の午後、下北沢散策の再開です。

せっかくだからと、番長に連れられて、近くの北澤八幡さまに
お参りに。

おお、初めてです。こちらの神社。
下北沢のにぎやかな通りをちょっと離れると
こんなに静かに気持ちのいい空間があるなんて・・。








夕焼けがとってもきれいでした。

その後、下北ショッピングにもどり、パフェ師匠と番長は
さすがなお値打ち掘り出し物と出会っておられました。

思いがけず、楽しい一日でした。
やっぱりタイミングってすごおく大事ですね。
そしておいしいものを大勢で食べると余計に
美味しく感じます♪

いい時間をありがとうございました。


川口のかき氷

 

先週の話ですが、アトリエ仲間のお友達Mさんから
川口に天然氷が食べられるお店ができましたよ〜とご報告あり。
残暑の中、食べてきたのです。

十きち(とおきち)というお店です。
おお、いいかんじ!

鯛焼き屋さんです。店先に5席だけ用意されています。
すてき。言ってみればオープンカフェ。
わらびもちや、あんみつ・・・・・・上品で美味しそうなメニューも。

氷は、おお、三ツ星氷室の旗があります。
ひみつ堂や、三日月氷菓店と同じ天然氷ですね〜。期待が高まる!

フルーツ、生果汁です。
私は桃、Mさんはみかんです。



まずは丁寧に一人ずつのお盆に御絞りとスプーンを用意してくれます。
はい、あらかじめこのようにセットしておけば、掻きたての氷を
すぐに運んでいただけてすぐにスプーンで口にはこべます。
どれだけ繊細な氷を出してくれるか想像できます。


丁寧に氷を掻いて、丁寧にシロップをふりかけ、バランスを見ながら
丁寧にまた氷を掻いて乗せて仕上げて・・・・・・ご主人のそんな熱心なしぐさを
こちらからこれまた熱心に見せていただきました♪




またまた、うれしさのあまり、ぶれてるし、暗いしーーーああーー残念な写真。

桃ーーー。さっぱり。おいしい。生です。さらり。甘ったるくなくほんとにおいしい。
氷はふんわりでもしっかり。なんだろう、このしっかりしたかんじ。
決して硬くない。ふんわりです。でもきっちり。これは湿気や気温にもよるのかも。
口に入れるとすぐ溶けます。ふわん。
綿菓子のような感触です。トッピングのアイスクリームはとてもさらりとしてます。
氷の一番下に埋もれているところも、三日月氷菓店に近いかんじ。
器は木の器です。分量は比較的小さめです。すべてにおいてバランスがいいです。
「おいしいーーー!」と、つい、声をあげて食べ続けてしまいました。



Mさんのみかんも一口いただきました。これも、おいしいーーー。
ただのみかんではないような。すこし特徴のあるみかん。
でも、桃を食べた後だからそう感じたのかもしれません。
盛られ方もすごく美しいです。

せっかくこんな美味しい氷なので、追加で宇治金時を注文しました。
お盆とスプーンを取り換えてくれました。とっても丁寧。

そしてしばし待って持ってこられてた宇治金時。
美しいです。宇治は全部をシロップにといたものではなく
粉末状を上からかけてある部分もあります。こういうタイプが好きです。




そして、小豆もとっても美味しいです。鯛焼き屋さんだもの。
鯛焼き屋さんのかき氷というと四ツ谷の【わかば】を思い出します。

感動してハフハフ言いながら食べてしまいました。
途中Mさんにも味見をしてもらおうとすると、お店の方が
Mさんに新しいスプーンをくれました。
みかんの味が付いているスプーンではせっかくの宇治金時の味が変わって
しまうから・・・・。ああ、そうですよね。すべてにおいて心配りが
すばらしい。ありがとうございます。

ほんとにおいしかったです。
かき氷は9月いっぱいまでの予定ということでした。
できればもう一度食べたいです。
かき氷以外のものもきっとおいしいに違いないーーー。

Mさん、いいお店を教えていただいてありがとうございます♪
また、新情報教えてくださいね。

今年のだるまや

 一年ぶりの十条【だるまや】さんのかき氷です。

いつもは、だいたい、特選宇治金時!!を注文します。
特選と、特選でない宇治があります・
特選は、お濃茶・・・というか、ほんとに特選(笑)なのです。
シロップと混ぜてない宇治をふりかけてあるので
お茶の渋みや美味しさがダイレクトでそれはそれはおいしい。
下に埋まっている小豆も当然おいしいのです。

ですが、今年のだるまやさんはちょっと違うみたいです。
メニューのフルーツ関係にちょっと変化が見られます。
フルーツのシロップは多分通常のいちごやレモンのシロップ・・
だったと思うのですが、どうも今年は、生のフルーツを使用した
自家製シロップを用意した様子です。

店内に張ってあるメニューに自家製とついているシロップが!!
いちご、ブルベリー、オレンジ、キウイ
残念ながら、いちごとブルーベリーはこの夏は終了だそうです。

私はキウイ、友達はオレンジ、を注文しました。



キウイのかき氷は初めてです。
ちょっと重たい感じのキウイのピューレ。
とっても甘く、キウイの酸っぱさはあまり感じませんが
とっても美味しかったです。
ピューレが重たい分、そして、店内の暑さの中、ふわふわの氷は少しじっとりしましたが
最後までおいしくいただきました。

同じ氷、同じ機械、同じかき方でも、やはり湿度や温度、シロップの状態によって
食感が大分違うのか繊細な氷の特徴です。
ああ、冬が来る前に、もう一度食べに来たいです。

ちなみにこれは数年前にいただいた【特選宇治金時】です。



そしてこれが去年いただいた【氷甘酒】です。
とってもやさしいお味でした。




さて、【だるまや】さんでカキ氷の後は、とっても有名な居酒屋
【斎藤酒場】さんで楽しい時間を過ごしました。
お仕事帰りのサラリーマンやOL、お稽古帰りとお見受けするマダム達
みんな楽しそうに飲んで、おいしいおつまみを注文しています。
浅草の、神谷バーに似ている店内の雰囲気、とっても素敵です。

年季の入った女将さんがまたとっても魅力的でした。
その笑顔に会いに、また寄りたいお店だな〜と思いました。

ラッキー

以前、パフェ師匠においしいパフェのお店を教えていただきました。

次は私がおいしいかき氷のお店にお連れした
第一弾は谷中の【ひみつ堂】でした。
そのときは、一緒に行った他の友人も含めてそれはそれは
【賞賛の嵐】でした。

そして他のお店にもお連れして美味しいかき氷を食べましょう♪
と、前々から約束していました。

今日は、雨にも関わらず、いえ、雨だからこそ、かき氷を食べたいなどという
人は、私たちくらいのもんでしょう〜。わっはっは。
と、あのしもきたのお茶屋さんしもきた茶苑大山にいちもくさん。


下北沢に着いたころには雨は止んでおり、なんて私たちは
ラッキーなんだろうね、と、いそいそとお店の前に行きました。
すると。



一瞬目を疑い、3人とも立ちつくし。
そうです、本日分の整理券はすべて配布されたのでした。

まだ納得いかない私たちは、お店の入り口にできている列の
最後尾の方にいつお店にいらして整理券を手にされたのかと
きいてみると、開店時間の2時にいらしたそうです。
でも、そのときすでに1時から並んでいる方がいたそうです。

それなら仕方ないわね、私たち・・・・。
気を取り直して、別のお店でスイーツを食べましょう♪

素敵なベトナムカフェがあるのよ〜と、M子さんに連れて行って
もらったのがこの素敵なお店。



すごく雰囲気があって素敵です。

パフェ師匠は2色餡とタピオカの温かいチェー、
M子さんはアボガドの温かいチェーを。




私は以前から食べてみたいと思っていた
ベトナム風かき氷のチェー



かき氷というよりかちわり氷です。
でも、下にある、あずきとかタピオカと練乳が
とっても甘くてプニプニしていておいしかったです。



甘いものとおしゃべりはとまりません。
しもきた茶苑大山のかき氷は逃したけれど、こんなに素敵なカフェで
ゆったりとおいしいスイーツをいただきながら楽しくおしゃべり
できたのはこれはこれで、とってもラッキー♪

パフェ師匠!次回はすずしくなってから、参りましょうね!


夏の散歩

 8月12日 今日から短い夏休み♪

友人と千駄ヶ谷の鳩の森神社に出かけました。
アトリエからすぐ近くで、大きな富士塚もあり、大好きな場所ですが
なかなか行く機会がありませんでしたから、私も久々に来れて
うれしいお散歩です。





夏の暑い日の神社はセミの声を体中に受けて、木陰の優しさを感じて
ひまわりの背の高さにおどろいて・・・・・・・子供のころを思い出します。



3月の震災後、立ち入り禁止のロープが張られていたそうですが、
今は修復されて、普通に登らせていただけるようになっていました。



そして、原宿まで足をのばし、ユナイテッドアローズの中にある
徳屋さんという甘味処に。

大分歩いて、汗だくです。
私は練乳金時を注文。

美しいです。
上に散りばめられているのは、きれいな色のあられです。
ただ、食べてみるとそれが固く、ちょっと残念だなと思いました。

新雪・・・ではありませんが、雪のようです。
ちょっと固められた雪のようであり・・・・掘っていくと
中に粒あんがはいっていました。




こちらのお店は本店が京都。
お店の方も京都からいらしているようです。

私たちが店を出るとき
「おおきに」
という声が、とても心地よかったです。

ごちそうさまでした。

楽しい夏の散歩です。




氷甘酒

 浅草橋からの帰り、お茶の水で丸ノ内線に乗り換えます。
このあたりは朝からものすごいセミの声が聞こえます

昨日はすっかり夕立に降られてしまったけど、今日は
傘を持ってるから大丈夫。 でも


ビルの合間からのぞいている入道雲が
すごくしっかりと、きれいだったので思わずパチリ。

思い立って神田明神様へ。
気持ちのいい空と空気です。

大好きな力強い狛犬さんにもごあいさつして。
お隣の茶屋へ。

天野屋



 

今まで何度か来ていますが、今日は平日とあってすいてます。
このお店で有名な氷甘酒を注文しました。
以前にも食べたことがありますが、そのときは
おいしさがあまり感じられなかったので
ちょっと納得いかず(笑)再度トライ。


 

そうそう、他の氷のメニューより小ぶりの器。
氷は昔ながらのパリパリシャリシャリの粗いタイプ。

「下から食べてくださいね」
とお店の人がアドバイスくださいました。


 

下から掘って食べると、中に甘酒が。
うう、確かに、おいしいいーーー。
前回はこんな食べ方しなかったなあ。

またお店の人が来て
「ああ!お姉さん、もっとかき混ぜて、全体をね」

と。

は、はい!!
かき混ぜながらスプーンですくって
口に運びます。ああ、こうした方がおいしい〜。



で、どんどん氷は溶けます。
フワフワ氷だったら
すぐに全部が液体になっちゃうね。


 

で、こんなかんじ。氷混じりの甘酒。
冷たくて、甘くておいしかった〜。

甘酒は、夏の【季語】
だそうです。(以前十条のだるまやのおかみさんに教わった♪)
なるほど〜。


有名な理由がわかりました。


可否茶舗 儚夢亭(ロマン亭)

 今日は平井という駅に初めて降りました。
のどかな、ゆったりとした静かな町という印象です。
 


雰囲気のある平井商店街。



アトリエのL子ちゃんのお勧め喫茶店。【可否茶舗 儚夢亭】
アトリエ仲間のJ子さんといっしょに行ってきました。


 

商店街でとっても目立ってます。









店内のインテリアも、飾ってある食器もとっても素敵で感動。



 

 

ほんとに雰囲気のあるお店で、時々ライブも
行われるそうです。

そして“宇治金時”



 
おお、頂上はふわさらしゃり。
けっこういいかんじの細かさでした。



 

次回は【儚夢亭のスパゲティナポリタン】も
食べてみたいなあ。
おいしくいただきましたよ。L子ちゃん教えてくれて
ありがとね〜。



<< | 2/3PAGES | >>