calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

デビッド・ボウイ回顧展

行ってきました。

デビッド・ボウイ回顧展。

展示量のすごさは聞いていましたが

本当にすばらしいものでした。

あの大好きな曲のヴィデオでボウイが着用していた

衣装や、ボウイ直筆の作詞ノートや絵コンテ。

 

 

 

大画面で見られる若いボウイの宇宙的妖しいライブ映像。

など、何度も場内を行き来したり、立ち止まったり。

4時間弱、それでも足りないくらい、ボウイのアートを

感じ、そしてやっぱり、本当に彼はいなくなってしまったことが

悲しいけれど、彼の残したものはこんなにキラキラしていて

永遠に残るんだなと、本当に素晴らしい芸術家だったなと

思ったのでした。

 

ボウイありがとう。


アトリエクアトロチカのお飾り屋さん

 

 

 

今年も始まりました。

アトリエ クアトロチカ
12/16、17、18
三日間だけのお正月飾り屋さん
陶芸家の友達、りえちゃん達が主催する、年に一度の楽しいイベント。

今年はわたくしStudio-ARIはお客さんとして伺ってきました。

 

 

来年の干支の酉があちこちに飾られて、とっても縁起の良いお飾り。

陶芸作品もたくさんあって、迷ってしまいます。

 

 

クアトロチカさんがつくると和風の酉もひと味ちがう

おしゃれなトリさんになりますね♪

 

 

干支 ではないけど、クアトロチカさんのトレードマークの

うさぎさん。

このポテっと感がかわいいーーー。

小さな穴がいくつも開いていて、中に小さいライトを

入れるとこぼれる光がやさしいのです。

 

 

 

丁寧に作られてるこの顔がいいですね。

 

 

縁起の良いお飾りを揃えて、楽しい年を迎える準備ができました。

楽しかった〜。

 

すべて手作り、一点物ばかりですので、お早めに!!

 

 

 

 


新潟の旅

今年もこの時期、お墓参りに行ってきました。

ここ数日急に秋めいてきましたが新潟は良いお天気で夏のような暑さでした。

お寺は海沿いということもあり、とても心落ち着く空気で

この時間がとても好きです。

大人になって、やっと、お墓参りが好きになりました。

ご無沙汰していてすみません。

また、新潟に来ることができたことありがとうございます。

と、ご先祖様にご挨拶してきました。

祖父母の代から親戚も関東に移り住んできたので

私自身新潟に住んだことが無いのですがいつか

ゆっくりとまわって見たいものです。

 

新幹線から見る眺めは美しい収穫の秋の景色でした。

 

 

今回は、帰る日にちょっと観光をしました。

初めて入った【砂丘館】

かって砂丘であった場所だからその名前になったようですが

地質や地形を展示しているわけではなく、

古い大きな家が現代美術の展示施設になっています。

敷地の中の蔵はその暗さを利用してのインスタレーションもありました。

 

月がテーマのこの展示物も風に揺れてきれいでした〜。

新潟は街のあちこちにアートに出会えます。

 

 

 

 

 

 

 


笑って飾って


毎年恒例のクアトロチカのお飾りやが、今年も開催されます!
今年も残り少なくなりました。
1年振り返り、最後は笑って笑って、しめくくりたいです。
友達の陶芸作家、りえちゃんの主催するクアトロチカの作品展
とクリスマスとお正月のお飾り販売市です。

可愛いいもの、きれいなものが並ぶ楽しい市です。
私もシルバージュエリーで参加させていただきます。
みなさん、2016年お正月のお飾りはクアトロチカで
決まりです!





可愛いサンタさん。



古い着物の布地や帯を使ったお飾り。すべて1点ものです。


 
今年もまた、可愛い置物が完成したようです。





みなさんぜひ、のぞいてください、観にいらしてください♪
クアトロチカの楽しいみなさんとお待ちしています♪




兎と蛙

 


行ってきましたーー。東京国立博物館。
並んで並んで、くたくたになりましたが
やっぱり、見ると笑ってしまう鳥獣戯画です。
有名なあの兎や蛙だけでなく、たくさんの
貴重な絵を見られて、よかったです。
絵画で楽しむ、動物に何かをさせて楽しむ、
いつの時代も、ユーモア、アート、力強いなあと
思います。


ボッティチェリとルネサンス

 渋谷Bunkamuraミュージアムで、「ボッティチェリとルネサンス」展を観てきました。
この展覧会のサブタイトルが、Money and Beauty。
15世紀、フィレンツェでは金融業が盛んになり、そのおかげで、ルネサンス期の芸術が、花開いたという、まさに、金と美、な、タイトルなんですね。
イタリアといえばジュエリー、なんといってもジュエリーですから、この時代のそんな背景も
イタリアの金細工が盛んになる要素だったのね、とか思いながら、歴史的に重要な、数々のボッティチェリの絵画を観てきました。
日本にいながらにして、これらを観られるなんて、ほんとに良かったと思いました。
美術館で楽しみの一つがグッズ売り場。メジチ家の富の象徴、フィオリーナ金貨のチョコや
きれいなパッケージのダークチョコ、ついつい、買ってしまいました。
テーマが絞られた良い展覧会、楽しかったです。
この時代の工芸品も見てみたいものです。
いつかイタリア、行きたいなあ。

クアトロチカのお飾り屋2014年

 
クアトロチカのお飾り屋が今年も開催されます。
陶芸家のりえちゃんはじめクアトロ(4人)が手作りで
可愛くてきれいなお正月用のおめでたくて美しい
お飾りを展示します。今月12月の19日(金)20日(土)21日(日)の3日間です。
来年の干支、羊さんの置物もなんとも愛嬌があって
可愛いです。毎年、早くに売り切れてしまうので、お早めにお越しください。



私STUDIO-ARIのシルバージュエリーも
開催日のうち二日間、21日(土)22日(日)に参加させていただくことに
なりました。ありがとうございます。
いつも楽しい仲間と可愛い作品と、いっしょにいられる
このお飾り屋が楽しみです。














皆さんもどうぞいらしてください♪♪♪メエエエーー♪

国宝展

 上野の日本国立美術館に日本国宝展を見てきました。
不思議です。長い年月、時空を超えて、目の前にある
作品たちは活き活きとして、語りかけてくるようです。

仏像のそれぞれの表情はほんとうに生きているようです。
また昔の人が身に着けた美しい装飾品の数々も、とても細かくて
そして重々しく、これらをどんな気持ちで使用したのかな
など、いろいろと思いました。



暗い展示室を出ると、美術館の中庭はすっかり紅葉していて、美しさに
と明るさにほっとしました。



そして上野の公園内の料亭で、西陽が射す中遅いお昼を
食べて、楽しい一日でした。
また、ゆっくりと美術に親しむ一日を作りたいです。



彫金

 
友人Fさんのお誘いで銀座のギャラリーへ。
彫金作家の片岡浩さんの個展を見に行きました。久々にお会いしたFさん、そのお友達のお二人と楽しく作品を拝見しました。

KATAOKA STYLE




非常に小さく繊細な作品です。
土台のレンガもバイクもすべて銀製だと聞きおどろきました。
妥協を許さない作り方に感動です。
写真ではわからなかった人形の表情や、仕掛け、物語性が良いのです。

バイクの中にはエンジンが格納されていたり、他の作品ではプロペラが入っている自転車があったり
オルゴールが入っていたりとニクイ演出がたくさん隠れています。

どの作品にもパーツや道具、ポーズや衣服、すべてに意味があり
そのお話しの続きや登場人物の飛んでいく先を想像したり頭の中で描いたりできるほど
活き活きしています。

ジュエリーと違う世界と制作過程のアート作品を見せていただき、とても楽しかったです。Fさんとお友達ありがとうございました。

場所は銀座のギャラリーおかりや
個展は9日(月)までですが一部作品は4月25日まで常設展示されています。







歌舞伎

東京は、急に春が来ましたね。
桜は予想より早く開花を始めてみんなちょっと慌てている感じ♪
うちの近所の桜もほぼ満開です。

今日は母のお付き合いで新橋演舞場まで歌舞伎鑑賞に出かけました。
何年ぶりかの歌舞伎で、ちょっと緊張してしまいます。
昼の部、10時半の開場と同時に座席に着きました。
真ん中の良いお席で、わくわく・・・・。



迫力の舞台、重い筋書き、表情や絶妙な間合いや声の熱に
見ているこちらも体に力が入ります。
独特の空気と迫りくる演技に、主人公と一緒に涙までこぼれそうになってしまいます。
なんと複雑な人間関係や激しい心の動き、しばらく余韻に浸りそうです。
きらびやかなお着物の色や柄も目に焼き付いていて本当に堪能しました。

こけら落としが間近にせまった歌舞伎座にも足をのばし


せっかくなので写真を撮ってきました。こちらでもまたぜひ鑑賞したいです。
春の日の歌舞伎、いい時間でした。

銀座の桜も、とってもきれいに咲いていました。
ほんとに桜っていいですよね。美しさが爆発しています。
しばらくは楽しめそうでうれしいです。

皆さんもお花見を楽しんでください♪♪♪






| 1/2PAGES | >>